自分に合った美容整形で小顔になろう|福岡で人気の施術方法

婦人
  1. ホーム
  2. 施術別ダウンタイムの時間

施術別ダウンタイムの時間

医者

福岡の美容整形クリニックで手術した直後に気になるのは、ダウンタイムの時間です。手術後に、腫れや痛みが引かなければ仕事や日常生活に影響が出る恐れがあります。そのため、ダウンタイムのことも考えながら手術方法を選択する必要があります。美容整形のダウンタイムは、整形する個所・手術法によって全く異なるため、「美容整形のダウンタイムは○時間かかる」と断言することはできません。しかし、福岡の美容整形クリニックで満足のいく結果になるために、この期間はしっかりケアや手術した個所を休ませるようにしていきましょう。ダウンタイムは手術によって異なりますが、ダウンタイムの時間別に様々な施術の方法を紹介していきたいと思います。福岡の美容整形の際に、ダウンタイムが短い施術方法は、注射を使用し注入する施術方法です。若返りの効果のあるヒアルロン酸・コラーゲン注入や、顔の筋肉の発達を抑えるボトックス注入は、ダウンタイムが短く1日で終了する施術です。そして、目を二重にする手術の埋没法は、メスを使用しない施術のためダウンタイムは比較的短く1週間ほどです。腫れもあまりでないため、日常生活にも支障をきたすことがありません。そして、メスを使用する二重手術の切開方法や鼻を高くみせるプロテーゼ、顎をシャープに見せる顎プロテーゼなどは、ダウンタイムの期間が1ヶ月と長くなっていきます。腫れのひきは人によっても違いますが、1週間は大きくなっているため、落ち着くまでは少々時間がかかります。3ヶ月ほどのダウンタイムを要する施術は、脂肪吸引です。この方法は、体の大きな範囲を行なうため、腫れのひきや体に浮腫みなどの症状が現れてきます。福岡の美容整形クリニックで全身に美容整形を行なった場合は、マッサージなどのアフターケアや処方された薬などは忘れずに飲むようにしましょう。